記事内に広告が含まれています。

久しぶりに見る雪景色!そして『フレンチバルシュマン』でランチ♪

""

朝起きて窓を開けたら、そこは真っ白な雪景色!

こういうの、すごく久しぶりな気がします。

兵庫県南部の雪状況

2023年1月25日の朝。

昨日の夕方から降っていた雪が積もって、すっかり雪景色となっていました!

家の周辺に雪が積もっている様子

寒いの大嫌いなのに、雪が降るとテンションが上がるのはなぜでしょう。笑

こんなに積もるのはいつ以来?

さっそく、娘を連れて外へ出る。

いつもと違う外の様子に、娘も興奮気味。

思わず出た言葉が「わ〜、真っ黒!」

違う違う、真っ白だよ。笑

雪が凍ってズルズル滑るのが面白いみたいで、ケラケラ笑いながら歩いてました。

『フレンチバル シュマン』でランチ

昨日は、高校時代のバレー部の友達とランチしました。

行ったのは、JR東加古川駅から徒歩数分のところにあるフレンチバルシュマン』。

2度目の訪問です♪

あろうことか、お店の写真もメニューの写真も撮るのを忘れましたので、お料理だけアップします!

ランチコースA(税込2,200円)】

ランチコースAの前菜

まずは「前菜6種盛り合わせ」から!

内容は日によって変わるものと思われます。

ランチコースAの「季節のスープ」

続いて、「季節の自家製スープ」。

昨日のスープはゴボウのポタージュでした。

美味しい〜♪

ランチコースAの「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」

メイン料理は「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」。

お肉がほろほろで、柔らかい( ´艸`)

ランチコースAのデザート

最後のデザートはバスクチーズケーキアイスクリーム!

完食したら、お腹いっぱいになりました。

どのお料理も、とっても美味しかったヽ(*´∀`*)ノ

「知育」について考える

子育てをするようになってやたら目にする言葉に「知育」というものがあります。

「知育」ってなんだろう?

って、いままでちゃんと考えたこともなかったので、調べてみました。

知育とは?

知育は、知能を育てるための教育です。イギリスの社会学・哲学・倫理学の専門家であるハーバート・スペンサーが「教育論」の中で三育のひとつとして提唱しました。三育は、教育の基本原理といわれることがある考え方です。知育のほか、徳育と体育で構成されます。ちなみに、徳育は道徳心を育てるための教育、体育は身体と運動能力を育てるための教育です。

引用:KIDS LABORATORY「知育とは?概要と家庭で取り組むときに意識したいポイントを解説(知育とは?押さえておきたい基本的なポイント)」

「知育」とは、「知能を育てるための教育」だそうです。

では、知育で育てる「知能」とはなにか?

知育で育てる知能はどのような能力なのでしょうか。小学館のデジタル大辞泉によると「物事を理解したり判断したりする力」と説明されています。つまり、足し算や引き算、文字の読み書きなどをする力ではありません。知能は、自分で物事について考える力といえるでしょう。具体的には、理解力・判断力・思考力・考察力などを指すと考えられます。

引用:KIDS LABORATORY「知育とは?概要と家庭で取り組むときに意識したいポイントを解説(知育で育てる知能とは)」

知育を目的とする活動では、子どもの「やってみたい」という意欲を大切にし、課題に対して試行錯誤を重ね、最終的に「できた」という達成感を得ることを重視しています。

深く考えることや達成感、成功体験は普段の生活や遊びの中から得ることも可能です。しかし、単なる遊びが明確な目的をもたないことが基本である一方、知育では年齢やステップに応じた課題を設定し、「子どもの能力を育む」という目的をもって活動を行います。子どもの「考える力を養う」目的があるのが知育、ということも可能なのです。

引用:TOY SUB!「知育とは?知育の意味・幼児教育で推奨される理由を解説(1-1.知育と「遊び」の違い)」

なるほど。知育の最終目的は、「自分で考える力を養う」こと。

いまわかりました。笑

では、もっと突っ込んで、「自分で考える力を養う」と、どんないいことがあるのか?

■知育が幼児教育に積極的に取り入れられている理由

  • 知育が子どもの将来の可能性を広げる
    知育を実践することにより考察力や判断力、行動力、想像力などといった能力を養えます。国際社会で必要とされる能力を育めるため、子どもの将来の可能性も広がり、広い世界で活躍する人材を目指せるでしょう。
  • 幼児期は脳が柔軟であるため大きな能力アップが望める
    幼児期は人間の一生の中でも脳が大きく成長する時期であり、考え方も柔軟で吸収性の高い時期でもあります。脳や頭の成長期に適切な知育を行うことで、より効果的な能力アップが望めるでしょう。
引用:TOY SUB!「知育とは?知育の意味・幼児教育で推奨される理由を解説(1-2.幼児教育で知育が推奨される理由)」

「知育」を実践することで、

  • (国際)社会で必要とされる能力(考察力・判断力・行動力・想像力)がアップする
  • 子どもの将来の可能性が広がる

ということのようです。

知育の方法

では、具体的にどんな方法で「知育」を実践するのか?

代表的な方法は次の5つ。

  1. 知育玩具:パズル、積み木、音の出る本(ピアノ絵本)、ブロック、ままごとセット、粘土など
  2. 知育アプリ:スマホやモバイル端末を利用
  3. 知育教材:絵本、ワーク(ドリル)
  4. 知育教室(幼児教室)
  5. 毎日の暮らし:読み聞かせ、お話作り、しりとり、折り紙、ビーズ遊び、工作、料理、家庭菜園など

こうしてみると、子どもにとっては身の回りの全てが「知育」につながっていると言えそうです。

知育活動を通して、子どもがどんな風に成長するのか。

親としては興味深いところではあります。

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました