記事内に広告が含まれています。

【兵庫】三宮の劇場型水族館『atoa アトア』のおでかけレポ

""

こんにちは!

先日、1歳6か月になった娘と、神戸三宮に昨年10月にオープンした劇場型水族館『atoa(アトア)』に行ってきました!

アクアリウム(水族館)とアート(芸術)の融合で『atoa(アトア)』。

新感覚の都市型水族館とはいかがなものか?

ざっくりですが、写真とともにレポします^^

『atoa(アトア)』の場所・行き方

今回は電車で行ったので、JR三ノ宮駅で下車し、そこからタクシーに乗りました。

各線三宮駅、元町駅から歩いて行くこともできますが、歩くとけっこう距離があるので、体力温存のためにもタクシーを利用するのが賢明かなと思います。

JR三ノ宮駅からタクシー利用で780円。10分かからないぐらいで到着しました!

アトアの外観

タクシーを降りたら、目の前にこの岩のような建物が!(大きすぎて写真におさまらなかった…)

え!?これ??と思いながら中に入ったら、、、水族館ではなく、併設されているフードホールでした。笑

水族館、フードホール、ブライダルデスクの3つの施設が入ったこの建物全体を称して『KPM(KOBE PORT MUSIUM)』といいます。(事後調べ)

アトアの入り口はこの建物の2階。ここから右側へ少し歩いたところにあるエスカレーターで上がったところにあります。

エスカレーターの手前にエレベーターもあるみたいなので、ベビーカーで行かれる場合は、エレベーターを利用するといいと思います^^

『atoa(アトア)』の館内へ!

2F はじまりの洞窟

アトアの2階『はじまりの洞窟』
アトア2F『はじまりの洞窟』

館内に入ると、そこはもう別世界。いきなり幻想的な空間が広がっています。

ここでは色鮮やかな熱帯魚などを見ることができました。

2F 生命のゆらぎ

アトア2階『生命のゆらぎ』
アトア2F『生命のゆらぎ』

続いてのエリアはこちら!なんだか水族館っぽくなってきました。

左側の大きな水槽が、どことなく海遊館を彷彿とさせます。

ここでは大きなエイが優雅に泳ぐ姿が印象的でした。

娘も目の前を泳ぐ魚たちに大興奮!この水槽の周りをつかまり立ちでぐるぐる回って楽しそうでした^^

2F 精霊の森

アトア2階『精霊の森』
アトア2F『精霊の森』

お次の空間はガラッと変わって、なにやらジャングルのような・・・。

個人的には、ここがこの水族館の1番の見どころではないかと思っています。

というのは、

アトア2階「精霊の森」のゾウガメ

このウミガメ!

だと思っていたけど、いま調べたらゾウガメだった!笑

ちなみに、ウミガメとゾウガメの違いはというと、

  • ウミガメ:基本的に海中で生活。海面に上がるのは、メスの産卵時と、たまの息継ぎの時。
  • ゾウガメ:リクガメ科に属する。地上で生活する。

だそうです。全然違いますね。笑

どうりでこんなところを歩いてるわけだ。

だってね、

アトア2階「精霊の森」で床を歩くゾウガメ
アトア2階「精霊の森」で床を歩くゾウガメ

こんな風に、普通に床を闊歩してるんですよ!

時々餌を食べながら。ゆっくり、ゆっくり。

「鶴は千年亀は万年」と言いますが、この調子で歩いてたら、そりゃ万年生きないと採算取れないよな〜、なんてことを思っちゃいますw

こんな間近で、自由に歩き回っている「ゾウガメ」を見られるチャンスは滅多にないので(むしろ、ここ以外にあるのだろうか?)、これはテンション上がりました。

かたや娘の方はというと、、、ゾウガメには全く興味を示しませんでした…_(┐「ε:)_ズコー

このエリアには、他にも珍しい爬虫類や、めっちゃ小さいネズミ(ハダカデバネズミ?)など、興味深い生き物がたくさんいました!

アトア2階「精霊の森」エリアのカエル

ガラスごしでボヤけてますが、色鮮やか(グロテスク)なカエルがいたり、、、

アトア2階「精霊の森」エリアのトカゲ

これはトカゲ?ワニ?

アトア2階「精霊の森」のカメレオン

これは名称を確認したのでわかります!カメレオン!

ひと通り見終わったら、お次はエレベーターで3階へ!

3F 探求の室

アトア3階「探求の室」
アトア3F『探求の室』

エレベーターを降りて最初のエリア。ちょっとしたお庭のような雰囲気です。

ここで面白かったのはこれ!

写真の撮り方が下手でわかりづらいですが、上の方でググッとカーブしているオーバーハング水槽!

ボーッと水槽を見上げて、魚や亀が優雅に泳いでいる姿を見ると、なんとなく心が落ち着きました。

ガラスに反射する人間の姿がビヨーンと伸びるのも、不気味で面白かったです。笑

3F 和と灯の間

アトア3階『和と灯の間』
アトア3F『和と灯の間』

お次はこちら!ここも、この水族館のもう一つの目玉ではないかと思います。

和の庭園が表現された、なんとも雅で独特な空間。

ここでは一部の床がガラス張りになっていて、その下を鯉が泳ぐのを見ることができたり、、、

アトア3階「和と灯の間」の床下で泳ぐ鯉

ししおどしと金魚のコラボが見られたり、、、

アトア3階「和と灯の間」の金魚

日本の四季や情緒的な風景が、現代風にアレンジされていたのが面白かったです。

3F 奇跡の惑星

さらに奥へ進むと、こんなものが!

アトア3階『奇跡の惑星』
アトア3F『奇跡の惑星』

これぞまさにアート!

まん丸な球体の中に、綺麗な色のお魚たちがたくさん泳いでいて、思わず引き寄せられてしまう。

この球体が表しているものは、地球なんでしょうか。

とても神秘的な雰囲気で、なぜかいつまでもここにいたいと思わせるような、そんな不思議な魅力がありました。

4F 空辺の庭

最後は4Fの屋外空間へ!

アトア4階「空辺の庭」
アトア4F『空辺の庭』

ここもちょっとしたお庭のようになっていて、カピパラさんやペンギンさんがいました♪

アトア4階「空辺の庭」のカピパラ
アトア4F「空辺の庭」のペンギン

この頃になると、娘はもうダレ気味で、何を見ても興味を示さずw

そんな娘を弟に託し、わたし1人展望台の方へ行ってみました!

アトア4F「展望台」へ続く階段

大きな水槽を横切った先にある階段を上がると、、、

アトア4Fの展望台から見た神戸港

神戸港、ハーバーランドを見渡せる見事な絶景!

ここは夜に来てもざぞ綺麗だろうと思います。

わたしがあと20年若かったら、ここでデートしただろうに・・・( ´艸`)(←初デートは水族館と決めている人)

アトア4F「atoaCAFE」

4Fには軽食がとれるカフェも併設されていました。ちょっと小腹を満たすには良さそうですね♪

1F フードホール『TOOTH MART』でランチ

館内を一通り見て回った後は、1階にあるフードホール『TOOTH MART』でランチタイム!

アトアの出口を出て目の前がフードホールになっているというナイスな造り。

ちょうどお昼時でお腹が空いていたので、吸い込まれるように入ってしまいました。

KPM内にあるフードホール「TOOTH MART」
1Fフードホール『TOOTH MART』

行ったのは土曜日でしたが、到着した時間が早かったのか、それほど混んでいませんでした。

「TOOTH MART」のピザ

たこ焼き、ラーメン、がっつりお肉系といろんなお店があるなか、最終的に決めたのはピザ!

一口食べてから写真を撮っていないことに気づき、慌てて撮ったので、こんな食べかけの写真になってしまいました・・・(*_ _)人ゴメンナサイ

フードホールだからと侮るなかれ。

このピザ、サーモンとふわふわのカッテージチーズが最高に美味しかったです!

『atoa(アトア)』は新時代の水族館

今回は、昨年神戸に新しくできた都市型水族館『atoa(アトア)』のおでかけレポをお伝えしました!

全体的な印象としては、大人も子どもも楽しめる新時代の水族館といったところでしょうか^^

KPM(Kobe Port Musium)周辺には『フェリシモチョコレートミュージアム』や『神戸みなと温泉 蓮』といった観光施設もあるので、機会があれば、そちらの方にも行ってみたいと思います!

チョコレート好きとしては『フェリシモチョコレートミュージアム』は非常に気になる・・・。

atoa
住所:〒650-0041 兵庫県神戸市中央区新港町7−2
電話番号:078-771-9393
営業時間:10:00〜21:00(年中無休)
料金:大人(中学生以上)2,400円 / 子ども(小学生)1,400円 / 幼児(3歳以上)800円 / 幼児(3歳未満)無料
※その他料金については以下公式サイトをご確認ください。
公式サイト:https://atoa-kobe.jp

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました