記事内に広告が含まれています。

【健康診断】人生初☆鼻から胃カメラ入れてみた。

""

年明け早々、健康診断に行ってきました。

健康診断といえば、毎年、必ずついてくる胃の検査。

今年は、人生初の鼻から胃カメラを体験しました。

経鼻内視鏡検査の流れ

鼻から胃カメラ、正確には、「経鼻内視鏡」と言います。

口から入れる「経口内視鏡」は、過去に何度か経験済み。

事前説明によると、口に胃カメラを入れる時の「オエッ」がないぶん、経鼻内視鏡の方が楽とのことで、今回は、経鼻内視鏡をやってみることにしました。

前処置① 血管収縮剤を注入

前処置として、まず、鼻の通りをよくするお薬を鼻から入れます。

上を向いた状態で、注射器で両鼻にシュッシュと2回。

鼻から喉に流れてきたら、そのままゴックン。

お薬が効くまでの間、別の検査を受けました。

前処置② 消泡剤を飲む

いくつかの検査を経て、いよいよ次が胃の検査。

といっても、すぐに鼻から胃カメラを挿入されるわけではなく。

前処置その②として、まず、胃の中をきれいにするお薬を飲みました。

これは経口内視鏡でも同じだそうです。

前処置③ 麻酔を注入

続いて、両鼻に麻酔を注入。

どろっとしたゼリーのような液体が、鼻の中に入りました。

鼻が塞がって鼻呼吸ができないので、この時点で口呼吸に変更。

これも、鼻の奥から喉に流れてくるので、その都度、飲みます。

前処置④ 鼻の穴の通りをテスト

どちらの鼻の穴から内視鏡を入れるかを決めるために、内視鏡と同じ大きさの管を鼻に通して、入り具合をテストしました。

右から始めて、スッと入ったので、そのまま右で検査することが決定。

右の鼻に長い管を通されたまま、しばらく仰向けで待機。

その間も、麻酔が鼻から喉に流れてくるので、その都度、飲みます。

検査開始

ここまでやって、ようやく実際の検査開始。

注意点として言われたことは2つ。

  • 唾液は飲み込まずに外に吐き出す。
  • ゲップは我慢する。

内視鏡が右鼻から入り、食道を通って、胃、十二指腸へ。

確かに、口に入れる時の「オエッ」はないけど、胃の中に入ってしまえば同じですね。

なんというか、ノロウイルスで胸がムカムカしていた時の感覚に近かった気がします。

検査自体は、5分ぐらいで終了したと思います。

経鼻内視鏡検査のイラスト

検査後

検査中はそれほど出なかった唾液が、カメラを抜いた途端ドバーッ!

出るわ出るわの大洪水。

全てを吐き出し、落ち着いたところで体を起こしました。

鼻をティッシュで抑えると、少しだけ出血が。

鼻血が出るかもしれないからと、鼻に詰め物を挿入されました。

検査後の注意点としては、鼻を強くかまないようにとのこと。

その後は、右鼻に詰め物を入れたまま残りの検査を受け、健康診断終了後も、右鼻に詰め物を入れたまま、お昼ご飯を食べに行きました。

こういう時、マスクの存在はありがたい。

鼻に何を詰めていようが、マスクをしていれば、外からは見えませんので。

下剤は飲んでいないけど…

検査終了後、しばらくしてお昼ご飯を食べている時、お腹がやたら張るような感覚がありました。

大をもよおして、お腹が痛くなる時と同じような感じです。

痛くなったり治まったりを繰り返しながら、昼ごはんを食べ、なんとか家に到着。

着いたと同時に腹痛もピークで、そのままトイレへ直行!

まるで下剤を飲んだかのように、根こそぎ排出されましたw

とにもかくにも、1年で最も気が重い行事はこれにて終了。

健康診断の後、元町でパン屋さん巡りなどしましたので、それについては次の記事で書きたいと思います^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました