記事内に広告が含まれています。

【Kindle×英語学習】おすすめの学習法とメリット4選

Kindleを使った英語学習法のメリットとおすすめのサービス

社会人になって英語をやりなおしたい。でも、どうやって勉強すればいいのかわからない…。

今回は、こんな疑問をお持ちの方に向けて、

  • Kindleを使った英語学習法
  • 英語学習にKindleを使うメリット
  • 英語学習に使えるおすすめサービス

について紹介します!

わたし自身、社会人になってから本格的に英語の勉強を開始し、

  • 2007年にTOEIC 945点
  • 2017年に英検1級

を取得しました。

自分が英語を勉強していた時に感じたことや、「いまならこうする!」といった改善点なども交えて解説していきます。

では、さっそく参りましょう!

Kindleを使ったおすすめの英語学習法

たくさんの本が本棚に並んでいる様子

それではさっそく、Kindleを使ったおすすめの英語学習法をお伝えします。

それはずばり、「多読」です!

英語力を身につけるには「多読」が必要不可欠。

これは、TOIEC900点を目指して勉強していた頃から感じていました。

「多読」というのは、英語をなるべく速く、たくさん読む勉強法。

読むものは、

  • 英字新聞
  • 英語雑誌
  • 洋書
  • ネット記事、SNS

など、何でもいいと思います。

なんせ英語をたくさん読むのが大事。

たくさん読むことで、

  1. 脳内での英語の処理スピードが上がり、英語回路が形成される。
  2. 英語の語感が身につく。

これらのことが可能になります。

では、1つずつ解説します!

英語回路(英語脳)の形成

英語を速く、たくさん読めば読むほど、脳内での英語の処理スピードが上がります。

すると何が起きるか。

英語を英語のまま理解できるようになるんですね。いわゆる、「英語脳」です。

大人になってから英語学習を開始すると、どうしても頭の中で日本語が介在します。そして、それがあらゆる場面で障害となります。

読み書きはまだいいとして、問題は会話です。

会話の際に日本語が介在すると、日本語⇄英語に訳す作業だけで時間がかかり、会話についていけません。

それが、多読をすることで、英語を英語の語順のまま、英語で理解できるようになる

その結果、日本語の介在がなくなります。

  • 英語を英語のまま理解すること

これは、英語学習者が目指すべき、一つのゴール。

時間はかかりますが、多読を根気強く続ければ、必ずできるようになりますよ!

英語の語感が身につく

多読をおすすめするもう一つの理由は、英語の「語感」を身につけることができるからです。

語感というのは、例えば、日本語をそのまま英語に翻訳した文章などを読んだ時、

この文章、なんか不自然。英語だとこういう言い方しないよね。

みたいなことが、何となくわかるということ。

この語感があるのとないのとでは、アウトプットの時に差がでます。

語感があると、

  • 英語を話したり書いたりする時に不自然な表現を使わなくなる。
  • 結果、より相手に伝わりやすくなる。

といったメリットがあります。

逆に言えば、語感がないと、いつまでも日本語英語(直訳)から抜け出せません。

日本語英語でも、言いたいことは伝わります。でも、よりスムーズなコミュニケーションを目指すなら、語感があるに越したことはないと思います。

語感もまた、根気強く多読を続けることで、自然と身につけることができます!

英語学習にKindleを使うメリット4選

“”

では、なぜ英語の多読にKindleをおすすめするのか?

その理由について解説していきます!

辞書機能内蔵で単語の意味をすぐに調べられる

やはり、一番の理由はなんといってもこれ!

Kindleには辞書機能が内蔵されていて、わからない単語はその場ですぐに調べられます。

調べると言っても、検索する必要はありません。ただ単語を選択するだけで、意味が表示されます。

何というお手軽さ!

しかも英和辞典だけではなくて、英英辞典まで入っている!

ここまでくると感動ものです。

わたしが勉強していた頃は、こんな便利なものはなく、あってせいぜい電子辞書ぐらいでした。

洋書なんて読もうものなら、死ぬほどわからない単語が出てきます。それをいちいち調べる手間といったら!

ほんっっっっっとうに、面倒でした。笑

この「辞書で意味を調べる」のが面倒で、英語学習をやめてしまう人も多いのでは!?

Kindleを使えば、その場で、単語の意味を簡単に調べる(知る)ことができる。

これだけでKindleを活用しない理由はないとさえ思います。

楽に持ち運びできる

英語学習に多読がいいのはわかった。

よし、だったら思い切って洋書を読んでみよう!

そう思って本屋さんの洋書コーナーに行くと、大抵テンションが下がります。笑

理由は、洋書が分厚いこと!

小説などは特にそうで、ペーパーバックを持ち運ぶのは、かなりかさばるし、重いです。

その点、Kindleだと、

  • 端末が小さい(Kindle Paperwhiteで174 mm x 125 mm x 8.1 mm)
  • アプリを入れればスマホで読むこともできる。

この点で、圧倒的に持ち運びが楽です!

あの重いペーパーバックを常に鞄に入れて持ち歩いていた者としては、Kindleで洋書が読めるいまの時代がほんとに羨ましい限りです。笑

YouTubeもそうですが、ほんと、英語学習者にとってはいい時代になりましたよね。

無料サンプルで英語のレベルを確認できる

Kindle版には「無料サンプル送信」というサービスがあります。

Amazon の「The Da Vinci Code」Kindle版のページ

これを使って、購入前にサンプル版を読むことで、その本の英語レベルを事前に確認することができます。

もしサンプル版を読んでみて、

  • 1ページのうちにわからない単語がいくつも出てくるようであれば、購入をやめる。
  • 逆に、これなら読めそうだなと思えば購入する。

こういった使い方ができるのも、Kindleならではだと思います。

これなら、買った後で「難しすぎて読めない!」なんてこともなくなりますよね。

ペーパーバックよりも安く購入できる

通常、Kindle版の価格は紙の本の価格より安く設定されています。

Amazonの「The Da Vinci Code」ペーパーバック版のページ

これなんて、ほぼ半額ぐらいになってますよね。

この安さも、Kindleを活用する大きなメリットの一つだと思います。

実際、洋書をペーパーバックで買おうと思うと、1,000円は軽く超えてきます。

わたし自身、洋書を買う時はいつも「高いな〜」と思って買っていました。

その点、Kindleだと文庫本より少し高いぐらいの値段で買えるし、アマゾンはセールも多いので、タイミングによってはかなり安く買えるのではないかと思います。

ただし、価格に関しては、次に紹介するサービスを使うのが現時点では一番おすすめ!

ぜひ参考にしていただければと思います!

Kindleでの英語学習におすすめのサービス:Amazonプライム

最後に、Kindleで英語を多読する際におすすめの方法を紹介します。

わたしの一押しは、

Amazonプライム会員になって「Prime Reading」を利用する

です!

Prime Readingで読めるのは、和書・洋書合わせて数百冊となっています。

でもちょっと待って、

たくさん読むなら、Kindle Unlimitedの方がいいんじゃないの??

こんな疑問が湧く方もいるかもしれません。

確かに、Kindle Unlimitedで読める洋書は120万冊以上。これはPrime Readingに比べると圧倒時に多いです。

でも、わたしはあえてAmazonプライム会員になる方をおすすめします。

その理由は以下で説明します!

英語学習にAmazonプライムをおすすめする理由①会費が安い

Amazonプライムをおすすめする理由の1つ目は、会費の安さ!

  • Amazonプライム(月額500円)
  • Kindle Unlimited(月額980円)

しかも、Amazonプライム会員になることで受けられる特典は、

  • お急ぎ便無料(最短翌日)
  • お届け日時指定無料
  • 配送料無料
  • Prime Video(対象の映画・テレビ番組・アニメ見放題)
  • Amazon Music Prime(200万曲聴き放題)

と、Prime Reading以外にもたくさんあります。

よほどの読書好きで、月に何十冊、何百冊と本を読む人ならKindle Unlimitedがいいのかもしれません。

が、そうじゃないなら、Amazonプライム会員で十分。

むしろAmazonプライム会員になることのメリットの方が大きいと思います。

英語学習にAmazonプライムをおすすめする理由②Prime Videoを利用できる

プライム会員になることで、Prime Videoが観られるのはかなり大きなメリット!

Prime Readingでリーディング力を鍛えるのはもちろん、Prime Videoでリスニング力を鍛えることで、総合的に英語力をアップさせることができます。

Prime Videoの中には英語字幕がついているものもあるので、ある程度の英語力がついてきたら、字幕を英語字幕にして、さらにレベルアップを図ることも可能です。

英語学習にAmazonプライムをおすすめする理由③Kindle Unlimitedに読みたい洋書がない

実際にKindle Unlimitedを利用していた時に感じたことなんですが、洋書120万冊以上と謳っている割には、自分が読みたいと思う本がKindle Unlimitedの対象ではないということが多々ありました。

特に、「英語を勉強する」という目的のために洋書を読むなら、はっきり言って120万冊も必要ありません。笑

もし、英語学習にKindle Unlimitedを利用したいなら、

  • どういった洋書がサービスの対象になっているか
  • 読みたい洋書が対象サービスに入っているか

これらを事前に調べておくといいと思います。

読める本の数がいくら多くても、読みたい本が読めないのでは、サービスを利用する意味がないよね。

まとめ

今回は、Kindleを使った英語学習法と、おすすめのサービスを紹介しました!

おさらいすると、

  • Kindleを使って英語を「多読」することで、「英語回路(英語脳)」「英語の語感」を身につける。
  • Amazonプライム会員になって、Prime Readingを活用する。

以上になります!

わたし自身、こんな便利なものを使わない手はないと思うぐらい、Kindleは英語学習に向いていると思います。

社会人になってから、英語をやりなおしたいと思っている人にとって、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました