記事内に広告が含まれています。

年に1度の脳検査。ドキドキのMRIとタリーズパンケーキ。

””

昨日は、年に一度の脳検査の日。

市民病院でMRI検査を受けてきました。

いきさつ

なぜ脳のMRI検査を受けているのかというと、脳に腫瘍が見つかったから。

腫瘍といっても、いまのところ良性なので心配はないのですが。

大きさは直径1cmほど。

確か先生の説明では、カルシウムが石灰化したものだとかなんとか。

で、年に一度、脳のMRI検査を受けることで「良性だから心配ない」を確認しています。

ことの発端

遡ること1年8ヶ月前。ことの発端は娘を出産した日に起きた出来事でした。

産後2時間ほど分娩台の上で休憩した後、看護師さんに言われてトイレに行ったら、トイレで気を失ってしまったんです。(2回もw)

その時にトイレの壁(床?)で頭を打って、どデカいたんこぶができました。

病院としては、病院で頭を打ってたんこぶを作った患者を放ってはおけない。

ということらしく、分娩台から車椅子でそのまま脳のCT検査へ。

検査の結果、脳に腫瘍があることが判明しました。

先生としては、脳に腫瘍がある患者(たとえそれが良性だったとしても)を放ってはおけない。

ということらしく、年に一度、脳検査を受けています。

MRIとパニック発作

娘の出産がらみでは、本当にいろんなことがありまして。

産後1年は、いままで経験したことのない、ありとあらゆる症状、痛みに襲われ、地獄のような日々を過ごしました。笑

そのうちの一つがパニック障害。

これに関しては、出産前からその兆候はあったのですが、出産後に2日連続で発作のようなものに襲われ、たまらず心療内科を受診しました。

その後、発作が起きたのは1回だけ。

1年前、初めてMRI検査を受けた日です。

MRIって、検査をしている間ずっと、大きな音がするんですよね。まるで工事現場にいるかのような。

で、頭を固定されて、音を遮断するためにヘッドホンを付けられる。

頭を少し締め付けられた状態で横たわっている感覚です。

CTに比べると時間もかかる。

そして、動けない。

初めてMRIを受けた時は、MRIがどういうものかわからなかったということもあってか、最初は平気でした。

なんなら目を瞑ったまま寝てしまうんじゃないかと思うぐらいでした。

それが、時間が経つにつれて、じっと横になっているのがしんどくなってきて。

姿勢を変えたいけど、検査の前に言われた「動かないでください」が頭にあって動けない。

どうしよう・・・パニック!!

となり、持っていた呼び出しブザーを押そうとした瞬間、「はい、終わりです〜」の声とともに検査終了。

そのまま発作も落ち着いて、ことなきを得たということがありました。

過去にそんなことがあっての2回目の検査。

パニック障害の治療は先月終了したけど、ほんとに大丈夫なんだろうか。

また発作が起きらどうしよう。

そんな思いもあり、1回目よりドキドキしながら検査開始。

今回は、機械に入る時にちょっと気持ち悪い感じがあって、ヤバいかもと思いましたが、最後まで発作は起きませんでした。

検査後のお楽しみ

検査と診察を終えた後、お腹が空いていたので、院内にあるタリーズコーヒーへ!

タリーズコーヒーのクッキー&バニラクリームパンケーキ
クッキー&バニラクリームのパンケーキ ¥825(税込)

シーズンメニューの「クッキー&バニラクリームのパンケーキ」をいただきました♪

タリーズコーヒーのクッキー&バニラクリームのパンケーキ

盛りだくさんのクッキーに、ホイップとバニラの2種類のクリームが楽しめる豪華パンケーキ。

パンケーキ自体はそれほど大きくはないのですが、トッピングにこれだけパンチがあると、食べた後の満足感もすごい。

生地も以前よりふわふわ感が増したような・・・。

久しぶりにタリーズパンケーキ食べたけど、やっぱり美味しい。

これまで、けっこうな数のお店で、けっこうな種類のパンケーキを食べてきましたが、なかでもタリーズパンケーキは、手軽に食べられる美味しいパンケーキの代表格ではないだろうか。

シーズンメニュー、全部制覇したくなってきた。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました