記事内に広告が含まれています。

【子連れ宿泊記】THE BLOSSOM HIBIYA ザ ブラッサム 日比谷に宿泊した感想

THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)宿泊記

こんにちは!

約1週間の一時帰国を終え、夫は赴任先のインドネシアへ、娘とわたしは実家へ戻りました。

東京滞在中、新橋にある『THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム日比谷)』に宿泊しましたので、宿泊記をアップします^^

THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム日比谷)の場所・アクセス

『THE BLOSSOM HIBIYA』の外観

ホテルの場所は、JR新橋駅(日比谷口)から5分ほど歩いたところ。

線路側から見ると、ちょうど『第一ホテル東京』の後ろ側にあります。

一見、これがホテルだと思えない外観ですが、、、

『THE BLOSSOM HIBIYA』のエントランス

近づいてみると、エントランスの壁に『THE BLOSSOM HIBIYA』とありました!

フロントは18階にあります。

THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム日比谷)のロビー・フロント

『THE BLOSSOM HIBIYA』のロビー

18階に到着!

新橋という場所柄でしょうか。とてもシックで、大人な雰囲気。

『THE BLOSSOM HIBIYA』のロビー

一面ガラス張りで、開放感あふれるラウンジ。窓から見える景色が最高でした。

欲を言えば、これで東京タワーが見えたらもっとよかった!

東京タワーは愛宕グリーンヒルズに隠れて見えませんでした。。

フロントでチェックインを済ませ、エレベーターに乗ってお部屋へ!

デラックスコーナーキングに宿泊

今回宿泊したお部屋はこちら!

『THE BLOSSOM HIBIYA』のデラックスコーナーキング

デラックスコーナーキングという、広さ31㎡のお部屋です。

31㎡と聞いて、かなり広いんじゃないかと期待しましたが、入ってみると、そうでもなかったw

でも、、、

『THE BLOSSOM HIBIYA』デラックスコーナーキングの窓から見える景色

これまた、窓から見える景色が最高!

すぐ下には日比谷公園、そして奥には皇居の敷地も見渡せました^^

『THE BLOSSOM HIBIYA』デラックスコーナーキングのベッド

ベッドは180cm×200cmで、夫と娘と3人で寝ても十分な大きさ。

ベッド横にあるタブレットで、カーテンの開け閉め、部屋の電気、空調など、全て操作できるようになっていました。

『THE BLOSSOM HIBIYA』のデラックスコーナーキング

ベッドの反対側にテレビ。加湿空気清浄機も付いています。

荷物置き場が大きいのは、どうしても荷物が多くなる子連れの家族旅行には助かります♪

ゴミ箱が大きいのも何気にありがたい。

しかも、荷物置き場の下にゴミ箱が隠れているので、子どもがゴミ箱漁りをする心配もなし。

お水はガラスの扉を開けた中に入っていました^^

『THE BLOSSOM HIBIYA』デラックスコーナーキングのトイレ

こちらはトイレ。

子連れで宿泊する際は、なるべくバス・トイレ別のお部屋を予約するようにしています。

今回、このホテルを宿泊先に選んだのも、バス・トイレ別であることが大きな理由の一つです。

それでもハプニングは起きますけどね。

今回は、娘がとうとう、便器の中に手を突っ込んでしまいました。笑

使用前でよかった〜

『THE BLOSSOM HIBIYA』デラックスコーナーキングのバスルーム

そしてこちらがバスルーム。

バスタブは深いし、洗い場も十分な広さがあります。

ただ、まだ歩き始めて間もない娘には、この洗い場の床はけっこう滑るみたいで、、、。

娘が何度もバランスを崩して倒れそうになるので、2日目からは、バスタブ側にバスタオルを敷いて、なるべく娘をバスタオルの上で立たせる(座らせる)ようにして入りました。

『THE BLOSSOM HIBIYA』デラックスコーナーキングの洗面台

洗面台はこんな感じ。アメニティ類一式は引き出しの中に入っています。

Wifiが繋がらないことも、、、

お部屋自体は、とても綺麗で快適だったのですが、ひとつ残念だったのは、無料wifiの接続がちょっと不安定だったこと。

繋がったり繋がらなかったりで、夜仕事をしたい時にできないことがありました。

THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム日比谷)に宿泊した感想

今回は、東京新橋にある『THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム日比谷)』の宿泊レポをお届けしました!

率直な感想としては、ホテルとしては申し分ないけど、子連れで泊まるにはちょっと不便かも、、、という感じです。

理由の1つは、ホテルの周りに、ちょっとした惣菜やお弁当が買えるスーパーやデパートがないこと。

娘の場合、外食用に持ち歩いている離乳食のお弁当だけでは足りないので、お惣菜の追加購入が必須なのですが、今回は、そのお惣菜を買う場所がコンビニしかありませんでした。

コンビニだけだとちょっと心もとない、、、。

そういう意味では、デパートが近くにあると楽ですね。

娘のお惣菜はもちろん、部屋でご飯を食べたいな〜という時に、お弁当もデパ地下で買えますから。(←とにかくデパ地下の弁当が食べたい人)

あとは、新橋という土地柄、飲食店もサラリーマン向けの飲み屋さんのようなお店が多く、子連れで気軽に入れるようなところがないかなと、、、。

子連れで外食するなら、銀座や有楽町方面へ行くのが無難かもしれません。

というわけで、ホテルステイ自体は快適でしたが、周りの環境が子連れ旅行には向いていない気がします。

実際、ホテル周辺でベビーカーを押して歩いている人はほとんど見かけませんでした。

そもそも、新橋はベビーカーを押して歩くような街ではないと思われますw

じゃあ、東京都心のどこなら子連れ旅行に向いているのか?

これについては、今後の課題として、いずれベストな場所・ホテルを見つけられたらと思います!

番外編:『鰻割烹大和田』さんの神対応に感謝感激

新橋滞在中、夫が鰻を食べたいと言うので、夜に鰻を食べに行きました。

行ったお店は、ホテルから一番近い『鰻割烹大和田』さん。

おそらく、平日夕方の新橋で、鰻屋さんにベビーカーを押して入ってくる客は珍しかったんでしょうね。

最初、店員さんも少し驚かれた様子でしたが、離乳食を広げてわちゃわちゃしている私たちに、とても親切に対応してくれました。

新橋は子連れで気軽に入れる飲食店が少ないと書きましたが、大和田さんのように、いざ入ってみると、店員さんの優しさや温かいサービスに触れられるかもしれません^^

THE BLOSSOM HIBIYA
住所:〒105-0004 東京都港区新橋1丁目1−13
電話:03-3591-8702
駐車場:なし
公式サイト:https://www.jrk-hotels.co.jp/Hibiya/

にほんブログ村 旅行ブログ お出かけスポットへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました