記事内に広告が含まれています。

【埼玉】角川武蔵野ミュージアム『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』体験レポ

こんにちは!

先日、夫が赴任先のインドネシアから一時帰国しまして、いま娘とともに関東圏に来ています。

昨日は、角川武蔵野ミュージアム(埼玉県所沢市)で開催されている『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』に、夫と娘、そして夫の両親と一緒に行ってきました^^

ゴッホの絵と、クラシック音楽が見事に融合したデジタルアート展。

写真とともに、ざっと紹介します!

角川武蔵野ミュージアムとは?

角川武蔵野ミュージアム外観

建築家隈研吾氏がデザイン監修したという、こちらの建物がそれ!

2020年11月にところざわサクラタウン内にオープンした複合型ミュージアムです。

今回の主な目的である『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』は、1階のグランドギャラリーで開催されていました。

それにしても、この岩のような形をした巨大な建物。

過去記事で紹介した水族館『atoa(アトア)』が入っている建物(KPM)になんとなく似てる?と思ったけど、、、(KPMの画像はこちら↓)

アトアの外観
KPM(KOBE PORT MUSIUM)

改めて画像を確認すると、角川武蔵野ミュージアムの方が、断然スケールは大きいですね^^;

料金体系が少し複雑

ミュージアムの当日券料金表はこちらです!

角川武蔵野ミュージアム当日券料金表

展示ごとにチケット料金が分かれているので、ちょっと複雑。

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』だけを見たい場合は、大人1人2,400円になります。(※オンライン購入の場合は2,200円)

私たちは、『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』と、4階の『本棚劇場』も見たかったので、1Dayパスポート(大人1人3,000円)を購入しました。

けっこういい値段、、、。

平日と休日ではチケット料金が変わりますのでご注意ください。

360度ゴッホの世界

1階グランドギャラリー到着!

ひまわり畑のフォトスポット

入り口前には、巨大なゴッホの自画像3点とひまわりの絵が。

絵の前のスペースにはひまわりの花壇もあって、お花を持って写真撮影されてる人がたくさんいました^^

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子

そして中に入ると、そこはもうゴッホの世界。

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子
『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子

劇場型の展示ということで、1回30分程度のストーリー仕立てになっていました。

私たちが入ったのは途中だったので、紹介している画像は本来の順番とは違っています。

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子

ギャラリーの両サイドでは、体にフィットするクッションや、ハンモックに揺られながら鑑賞している人がいました。

気持ちよさそう〜

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子

デジタルアートならではの、ひとつの絵から別の絵に切り替わる演出も見事。

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子

そして一面にひまわり!

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子

画像では伝わりませんが、ギャラリー内では大音量のクラシック音楽が流れていて、それがまた、より一層気分を盛り上げてくれました。

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子

一番見たかった『星月夜』!

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子
『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子

なんとも幻想的で、まるでゴッホの絵の中に入ったような気分、、、。

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子
『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』会場内の様子

ゴッホの自画像もたくさん登場しました。

リアルな絵を見るのとは全く違いますが、大音量で流れる音楽とともに、大画面で鑑賞する絵画は迫力満点。

まさに、全身でゴッホを感じられたひとときでした^^

圧巻の本棚劇場

角川武蔵野ミュージアムといえば、もうひとつ有名なのが、4階の本棚劇場。

というわけで、ゴッホ展を見た後、本棚劇場にも行ってきました!

エディットタウン-ブックストリート

こちらは『エディットタウン-ブックストリート』と呼ばれるエリア。

なんとも賑やかで独特な世界観。

これといって本が好きというわけではないわたしでも、自然とワクワクしました。

ここだけで、25,000冊の本が配架されているそうです。

そしてこれが、お目当ての本棚劇場!

本棚劇場

360度本棚に囲まれた独特の空間。

ここでもまた、そのスケール感に圧倒されました。

ここには、30,000冊の本が配架されているそうです。

一番上の本はどうやって取るんだろう、、、。

しばらくすると、プロジェクションマッピングが始まり、、、

本棚劇場でプロジェクションマッピングが上映されている様子

ここでもまた、ちょっとした劇場体験を味わったのでした。

プロジェクションマッピングは30分ごと上映されています。

『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』概要

会期:2022年6月18日(土)~2023年1月9日(月)
会場:角川武蔵野ミュージアム 1階 グランドギャラリー
開館時間:10:00~18:00(金・土 10:00~21:00)※最終入館:閉館の30分前
休館日:第1・3・5火曜日
公式サイト:https://kadcul.com/event/77

まとめ

今回は、角川武蔵のミュージアムで開催されている『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』について簡単に紹介しました!

わたし自身は、アートに触れること自体がとても久しぶりだったこともあり、新鮮な気持ちで楽しむことができました^^

広い会場で、自由に動きながら鑑賞できるので、小さいお子さん連れの方にもおすすめです♪

にほんブログ村 旅行ブログ お出かけスポットへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました