記事内に広告が含まれています。

【おもちゃレビュー】難易度高し!くもんのジグソーパズルSTEP3

“”

パズルが好きでよく遊んでいる娘ちゃん。

くもんのジグソーパズルも、STEP1、STEP2を順調にクリアして、現在はSTEP3に挑戦中。

なのですが…。

このSTEP3がなかなかに難しく。

24ピースは比較的すぐにできるようになったものの、35ピースからはお手上げ状態。

難し過ぎて遊ぶ気が失せたのか、それとも絵柄が嫌いなだけか。

理由はわかりませんが、いまや見向きもしなくなってしまいましたw

というわけで、レビューします。

『くもんのジグソーパズルSTEP3 わくわく動物パラダイス』の内容

ピース数

『くもんのジグソーパズルSTEP3』は、絵柄によって以下3種類に分類されます。

  • わくわく動物パラダイス
  • すごいぞはたらく車
  • すすめ特急列車

このうち、我が家が購入したのはこちら。

「くもんのジグソーパズルステップ3わくわく動物パラダイス」の箱の表面

STEP1、STEP2に合わせて、STEP3も動物シリーズにしました。

「くもんのジグソーパズルステップ3わくわく動物パラダイス」の箱の中身

箱の中にはピース数の違うパズルが3つと、ガイドブック・記録シートが各1部ずつ入っています。

  • 24ピース:サファリパーク
  • 35ピース:ふれあいパーク
  • 48ピース:マリンパーク
「くもんのジグソーパズルステップ3わくわく動物パラダイス」の箱の裏面

さすがくもん。箱の裏面にもびっしり情報が…オオーw(*゚o゚*)w

各パズルに描かれている動物たちのプロフィールや、施設の説明などがこと細かに書かれていて、パズルを完成させた後もちゃんと”お勉強”できるようになっています。

アンパンマンのジグソーパズルとの比較

我が家はアンパンマンのジグソーパズルも持っているので、参考までにピースの大きさを比較してみました。

「くもんのジグソーパズルSTEP3」24ピースと「アンパンマンのジグソーパズル」24ピースの各1ピースを並べた様子

くもんとアンパンマン、それぞれ24ピースのパズルで使用されているピースを並べた図。

くもんのジグソーパズルのピースの方が大きいです。

「くもんのジグソーパズルSTEP3」35ピースと「アンパンマンのジグソーパズル」35ピースの各1ピースを並べた様子

続いて35ピースのパズルで使用されているピース。

こちらも、くもんのジグソーパズルのピースの方が大きいです。

絵柄

STEP2まではわりと可愛らしい絵柄だったのですが、STEP3になると急にリアルが増します。

「くもんのジグソーパズルSTEP3」24ピース

可愛げゼロ。笑

2歳児にこの絵柄はどうなの…と思わなくもないのですが。

「遊び」よりも「学び」を重視するくもんの狙い??

どうなんでしょう^^;

それでも、この24ピースに関しては、娘はよく遊んでいます。

これが35ピースになると…

「くもんのジグソーパズルSTEP3」35ピース

ぼや〜〜〜〜〜。笑

もはやこれを2歳児にやらせるかというレベルで、面白みのないパズル。

と言っても過言ではないかもしれないwww

絵の輪郭といい、色使いといい、全体的にぼや〜っとしていてわかりにくい。

描かれている動物は小型動物が多く、パズルを組む際のヒントになる要素が少ない。

以上のような理由で、大人のわたしがやっても、ちょっと難しいと感じるレベルでした。

結果的に、これで娘のくもんのジグソーパズル熱が一気に冷めた。笑

そもそも、STEP3の対象年齢は2歳半〜。

2歳1か月の娘が遊ぶには、まだ早過ぎるのかもしれません。

まとめ

くもんのジグソーパズル、個人的には最後のSTEP8まで集めたかったですが、娘の様子を見ていると、STEP3までで終了かなと。笑

絵柄が変わればやるかもしれないと、同じくもんのジグソーパズル「すごいぞはたらく車」も買ってみたりしたのですが、やっぱりダメでした。

パズルって、大人でも好きな絵柄じゃないとやる気でないですもんね。

アンパンマンのパズルはいま40ピースまでできるようになったので、パズルにおいて絵柄がいかに重要かというのがよくわかります。

これからは、娘の興味に合わせてアニメ・キャラクター系のパズルを中心に選んでいこうと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました