記事内に広告が含まれています。

【お昼寝したくない娘】vs【お昼寝させたい母】の攻防

""

娘がお昼寝を嫌がるようになってきました。

といっても、いまに始まったことではなく。

これまでもそういう傾向はありましたが、なんとか誤魔化し誤魔化し乗り切ってきました。

が、ここ数日は特に抵抗が激しく、少々苦戦気味。

お昼寝にもイヤイヤ期ってあるの??

母と娘の、お昼寝をめぐる攻防。

はじまりはじまり。

お昼寝したくない娘 vs お昼寝させたい母

お昼寝の時は、ヒップシートで娘を抱っこして寝かしつけを行っています。

この寝かしつけ方法自体、そろそろ限界がきていることは承知しつつも、抱っこしないことにはいつまで経っても寝ようとしないので、抱っこするしかない状況。

娘の方も、「抱っこ=寝かされる」ことがもうわかっているので、わたしが抱っこしようとすると、足をバタバタさせたり、叫んだりして激しく抵抗します。

抵抗されたら一旦下ろして、しばらく遊ばせる。

頃合いを見計らって再び抱っこ。

また激しく抵抗。

下ろして遊ばせる。

抱っこ。

抵抗。

こんなことを繰り返すうちに、時間はどんどん過ぎていく……。

こちらも、娘がなかなか寝てくれないので、だんだんイライラしてきます。

明らかに眠いのに、なぜ寝ない!?

眠いけど、遊びたい。その気持ちはわかるよ。

わかるけど、いま寝ておかないと、夜までもたないでしょ?

それに、お母さんにも1日のプランってものがあってね。

あなたが寝ている間に調べ物もしたいし、見なきゃいけないドラマも溜まってるわけよ。

だから頼む、寝てくれ。

(↑あきこ心の叫び)

お昼寝時の攻防その① 無理やり抱っこして寝かせる

お昼寝を嫌がる娘に対して最初にとった戦略は、

  • 抵抗しようが何しようが無理やり抱っこして寝かせる

戦略でもなんでもない。ただの力ずく。笑

抱っこ→下ろす→抱っこ→下ろすを何度か繰り返すこと1時間。

これ以上お昼寝が遅くなったら、夜の眠りに差し支える!

というところで、無理やり抱っこし、抵抗する娘をゆすったりさすったりしながら寝かしつけました。

いつものお昼寝時間より1時間ほど遅れていたので、本人の眠気も相当なものだったはず。

抱っこして10分もしないうちに寝てしまいました。

ただ、泣こうが喚こうが、強制的に抱っこして寝かせるというやり方は、なんだか後味が悪くて……。

できるだけ自然に寝る方向へもっていけないものか?

そう考えた結果、翌日は次の戦略をとることにしました。

お昼寝時の攻防その② 車に乗せて寝かせる

子どもを寝かせる最後の手段といえば、車。

  • 車に乗せると確実に寝る

というわけで、2日目は、娘をお外へ行こうと連れ出して、車に乗せました。

近所をぐるぐる走りながら、20分ほど経ったところで、無事ご就寝。

やっぱり車だと確実。しかも、自然な入眠。

これはこれで、間違いのない方法であることは自分でもわかっています。

だけど……。

これを毎日続けられるかといえば、

ムリかな。笑

娘を寝かせるためだけに、無駄にガソリンを消費するのはもったいないし、毎日、毎日、用もないのに車で走るのもしんどいw

というわけで、車を使った寝かしつけも却下。

お昼寝時の攻防その③ ひたすら寝たふりをして待つ

こうなったら、最後の最後の手段。

  • もう寝かせようとすることは諦めて、娘が勝手に寝るのを待つ!

というわけで、3日目は部屋の電気を暗くして、ひたすら寝たふり。

娘が何を喋っていようが、どう動いていようが、相手をしないことにしました。

(でも薄目を開けて、様子はチラチラ観察するw)

このまま自然と寝てくれたらラッキー♪

ぐらいの軽い気持ちで、午後1時45分に寝たふりスタート。

しばらくの間、1人でおもちゃで遊んだり絵本を読んだりしていた娘。

でも徐々に、布団の上でゴロゴロするようになり、わたしに絡まってくるようになり。

最終的に午後2時25分に、勝手に寝ましたw

抱っこしなくても寝るんかい!

今後は成り行き任せ

無理やり寝かそうとしなくても、眠くなったら、人は自然と寝るんですね。笑

結局いつも、最後は諦めの境地。

でもそれが一番手っ取り早かったりするんだなあと、改めて感じました。

今回の試みにより、抱っこしなくても、眠くなったら1人で寝るということがわかったのは大きな収穫。

子どもが1歳後半にもなってくると、もういい加減、ヒップシートを使っての寝かしつけは足腰がキツくて限界を感じていたので。

なので今後は、ひたすら寝たふり作戦で成り行きに任せてみます。

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました